« カイカク正義人間の発想法 | トップページ | 国際労働運動の財務大臣への公開状 »

2008年10月 8日 (水)

欧州議会が派遣労働指令案を承認

昨日、欧州議会の雇用社会問題委員会が、7月に閣僚理事会で政治的合意された派遣労働指令案を賛成多数で可決したようです。

http://www.euractiv.com/en/socialeurope/meps-back-stronger-rights-temporary-workers/article-176125

>The European Parliament's employment committee yesterday (7 October) approved a controversial directive putting temporary workers on equal terms with their 'regular' colleagues regarding pay and working hours from their first day of employment.

31 MEPs voted in favour, three abstained and only one voted against the text, which had been blocked since 2002, mainly due to reservations from the UK government over granting full equal rights to temporary employees before they have been in the job for 12 weeks.

http://www.europarl.europa.eu/news/expert/infopress_page/048-38811-280-10-41-908-20081006IPR38810-06-10-2008-2008-false/default_en.htm

>MEPs won an undertaking that equal treatment must apply from the first day. Furthermore, any exceptions to this principle will be limited, and must be governed by agreements between the social partners, collective negotiations or agreements reached by the social partners at national level.

日本の派遣法改正の行方は、政局の行方に揺られてよく分かりませんが、EUの派遣指令案の方は、早いうちに正式の成立に至りそうです。

|
|

« カイカク正義人間の発想法 | トップページ | 国際労働運動の財務大臣への公開状 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24369451

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州議会が派遣労働指令案を承認:

« カイカク正義人間の発想法 | トップページ | 国際労働運動の財務大臣への公開状 »