« 10月1日の欧州委員会議 | トップページ | 労働社会相理事会プレス(仏語版) »

欧州労連は欧州中銀の利下げせずとの決定を遺憾に思う

毎度同じはなしですが、

http://www.etuc.org/a/5387

昨日欧州労連の声明、

>The European Trade Union Confederation (ETUC) regrets the European Central Bank’s (ECB) decision not to cut interest rates.

With the economy already in recession and with the financial sector balancing on the edge of a cliff, this is defying logic. With short-term interest rates higher than long-term interest rates, an already cracking financial system is being stressed even further.

Says John Monks, General Secretary of ETUC, ‘The ECB is still fighting the inflation of the past. It is time for them to wake up to reality and see the urgency of the situation, even if this means admitting that the June rate hike was a mistake’.

いつまでも過去のインフレにこだわるんじゃねえ、現実を見ろ、6月の利上げは間違いでしたと認めろ、と。

とまあ、ヨーロッパでは何の不思議もない光景なんですが、こなた極東の島国に持ってくると、なんだかねじれが・・・。

|
|

« 10月1日の欧州委員会議 | トップページ | 労働社会相理事会プレス(仏語版) »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24221499

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州労連は欧州中銀の利下げせずとの決定を遺憾に思う:

« 10月1日の欧州委員会議 | トップページ | 労働社会相理事会プレス(仏語版) »