« 休息規制は余計なお世話か? | トップページ | 小児科医の過労自殺訴訟高裁判決 »

OECDの「格差報告」

41489225gucoverfromkappae 21日、OECDが「Growing Unequal? Income Distribution and Poverty in OECD Countries」(格差拡大?OECD諸国における所得分配と貧困)を公表しました。

http://www.oecd.org/document/25/0,3343,en_2649_201185_41530009_1_1_1_1,00.html

>The gap between rich and poor has grown in more than three-quarters of OECD countries over the past two decades, according to a new OECD report.

豊かな者と貧しい者の格差は過去20年間、OECD諸国の4分の3で拡大している。

>Countries with a wide distribution of income tend to have more widespread income poverty. Also, social mobility is lower in countries with high inequality, such as Italy, the United Kingdom and the United States, and higher in the Nordic countries where income is distributed more evenly.

所得格差の大きい国ほど貧困者も多い。イタリア、イギリス、アメリカのように社会的モビリティが低い国ほど、格差も大きい。一方、所得分配が平等な北欧諸国ほど社会的モビリティも高い。

誰だい、アメリカは格差は大きいがモビリティが高いからいいんだとか嘘ついていた奴は。

OECDのグリア事務局長曰く:

>“Growing inequality is divisive. It polarises societies, it divides regions within countries, and it carves up the world between rich and poor. Greater income inequality stifles upward mobility between generations, making it harder for talented and hard-working people to get the rewards they deserve. Ignoring increasing inequality is not an option.”

格差拡大は社会を分極化させる。所得不平等は世代を超えた上向移動を窒息させ、有能で一生懸命働く人々がそれにふさわしい報酬を得られることを困難にする。格差拡大を無視するなんて選択肢はあり得ないのだ!

>Children and young adults are now 25% more likely to be poor than the population as a whole.  Single-parent households are three times as likely to be poor than the population average.

子どもと若者は全体より25%も貧困に陥りがちだ。単親家庭は平均よりも3倍も貧しい。

さて、ではどうするか、再びグリア事務局長:

>“Although the role of the tax and benefit system in redistributing incomes and in curbing poverty remains important in many OECD countries, our data confirms that its effectiveness has gone down in the past ten years.  Trying to patch the gaps in income distribution solely through more social spending is like treating the symptoms instead of the disease.”

いやもちろん、所得再分配における税と給付制度は大事だ。しかしその有効性は下がりつつある。それは病気よりも症状に対処しているようなものだ。

じゃあどうするんだ、という声に答えて

>“The largest part of the increase in inequality comes from changes in the labour markets. This is where governments must act. Low-skilled workers are having ever-greater problems in finding jobs. Increasing employment is the best way of reducing poverty,” he said.

格差の原因は大部分労働市場にある。政府が行動すべきところはここだ。貧困削減にはまずなにより雇用促進だ。

>Better education is also a powerful way to achieve growth which benefits all, not just the elites, the report finds. In the short-term, countries have to do better at getting people into work and giving them in-work benefits to provide working families with a boost in income, rather than relying on unemployment, disability and early retirement benefits.

教育はエリートのためだけのものじゃなく、みんなのためのものだ。政府は失業給付、生涯給付、早期退職給付なんかに頼るよりは、働く家族の所得を増やすために在職給付を与えるべきだ

OECD流のワークフェア論ですが、ディーセントワークフェアとでもいうべき平等主義的ワークフェア論になっています。

この期に及んで、なお格差社会は幻想だとかほざく輩が平気で蠢いているのですから、日本はほんとにいい国ですね。

|

« 休息規制は余計なお世話か? | トップページ | 小児科医の過労自殺訴訟高裁判決 »

その他の労働法政策」カテゴリの記事

コメント

>日本はほんとにいい国ですね

ここ10年、毎年3万人がちょっとした努力で極楽に行ってる国ですから! 格差なんて悲劇とは無縁ですよ。

(努力=練炭とか)

投稿: Bar | 2008年10月23日 (木) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24679666

この記事へのトラックバック一覧です: OECDの「格差報告」:

« 休息規制は余計なお世話か? | トップページ | 小児科医の過労自殺訴訟高裁判決 »