« 第1回今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会議事録 | トップページ | ボランティアといえば労働じゃなくなる? »

2008年9月14日 (日)

赤軍派議長@シルバー人材センター

ちょっと前の産経に載った記事で、「さらば革命的世代」という連載ものの「日本のレーニンが知った労働」という記事が、大変興味をそそられました。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080703/trd0807032211019-n1.htm

>かつて「日本のレーニン」と呼ばれた男は、東京都清瀬市の市営駐車場で汗を流していた。昭和40年代半ば、「世界同時革命」を掲げて武装闘争路線を指揮し、破防法違反罪などで19年9カ月の獄中生活を送った元赤軍派議長、塩見孝也さん(67)。昨年末から市のシルバー人材センターに登録し、月9日ほど派遣先の駐車場で働いている。

 「この年になって、ようやく労働の意義を実感している。39歳のひとり息子も『親父がまともな仕事をするのは初めてだ』と喜んでいます」

 それまでの生計は「カンパや講演料に頼ってきた」というが、あえて働き始めたのは昨秋、心臓を患ったのがきっかけだった。「もっと自活能力を付けたい。地に足のついた生活をしながら革命を追求したい」と思ったという。

うーむ、左翼運動に半世紀をつぎ込んで、今になって「ようやく労働の意義を実感」ですかね。いままでは地に足のついていない革命運動だった、と。

>塩見さんが働く駐車場は駅近くのショッピングセンターに隣接し、休日は約1000台が利用する。時給は1000円だったが、4月から「副々班長」の役職手当で50円上がった。

 「役職に就くのは労働者を管理する側に回ることであり、刑務所でも班長への就任は断固拒否したが、ここでは仕方がない」と主張する一方、「働くとは、すばらしいことだ。社民党や共産党の幹部も理論だけでなく実践したらいい」と、自身の「初めての労働」をうれしそうに語る。

>塩見さんは「要するに、僕のこれまでの生涯は、民衆に奉仕するというより、民衆に寄生してきたのです。奉仕されるばかりで、自前の職業的労働すらしてこなかった。これは情けないことで、よく生きてこられたなとも思う。だからこそ、自己労働を幾ばくかでもやり、本物の革命家になりたいと思うわけです」。

今頃そういうことを言われても・・・。

|
|

« 第1回今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会議事録 | トップページ | ボランティアといえば労働じゃなくなる? »

コメント

この話、大学の社会思想系で左翼をしている「入院経験者」にも広くあてはまりそうな悪感がしますね。塩見さんは自己認識に至っただけでもマシなんじゃないでしょうか。

投稿: 悪感 | 2008年9月16日 (火) 22時06分

時代が変わって自慰のネタが変わっただけでしょう。自己愛の強い日和見主義者め。

投稿: 吐き気 | 2008年9月18日 (木) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/23737591

この記事へのトラックバック一覧です: 赤軍派議長@シルバー人材センター:

« 第1回今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会議事録 | トップページ | ボランティアといえば労働じゃなくなる? »