« 若者支援基本法 | トップページ | 労使関係と労資関係 »

2008年9月20日 (土)

アメリカ流の「金融社会主義」はやらないよって、ヨーロッパの社会主義者がいいました

これは労働ネタではありませんが、EUネタとしてあまりにも皮肉でおかしかったので。

US-style 'financial socialism' not an option for EU

http://euobserver.com/9/26775

>The EU's economic and monetary affairs commissioner, Joaquin Almunia, has said Europe should not employ what he called "financial socialism" to solve the ongoing banking crisis by bailing out failing companies.

"Socialists like me, we are against financial socialism," he said, alluding to the multi-billion-dollar supports and nationalisations of recent weeks that Washington has engaged in to save a host of financial institutions it argues are "too big to fail."

彼は、スペインの社会主義労働者党出身の、EU経済財政担当委員(大臣)なんですね。

>The commissioner - a member of Spain's centre-left Socialist Workers Party - speaking at a Madrid conference organised by Spanish bourse regulator CNMV, did nonetheless say such measures were warranted where the financial system as a whole was threatened, however.

|
|

« 若者支援基本法 | トップページ | 労使関係と労資関係 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/23889885

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ流の「金融社会主義」はやらないよって、ヨーロッパの社会主義者がいいました:

« 若者支援基本法 | トップページ | 労使関係と労資関係 »