« POSSE | トップページ | 新たなソーシャルヨーロッパ »

自由放任の終焉 サルコジ版

昨日の続きです。EUobserverから、

http://euobserver.com/9/26814

今度は、フランスのツーロンでの演説で、

>Mr Sarkozy said the financial turmoil had highlighted the need to re-invent capitalism with a strong dose of morality, as well as to put in place a better regulatory system.

資本主義にモラルと規制を

>"The idea of the all-powerful market that must not be constrained by any rules, by any political intervention, was mad. The idea that markets were always right was mad," Mr Sarkozy said.

いかなる規則にも政治的介入にも制約されない万能の市場という観念は狂気だ、市場は常に正しいという観念は狂気だ

>"The present crisis must incite us to refound capitalism on the basis of ethics and work … Self-regulation as a way of solving all problems is finished. Laissez-faire is finished. The all-powerful market that always knows best is finished," he added.

倫理と労働の上に資本主義を再構築しよう、レッセフェールは終わった、全知全能の市場は終わったのだ

>"The market economy is a regulated market ... in the service of all. It is not the law of the jungle; it is not exorbitant profits for a few and sacrifices for all the others

市場経済とはみんなのための規制された市場だ、少数者の異常な利益のために残りのものを犠牲にするジャングルの法則じゃない、

おそらく、フランスに限らず、ヨーロッパ大陸諸国の保守派はおおむねこういう考え方でしょう。

実は日本の保守派も、少し前まではそういう規制資本主義派が多数派であったはずなんですが。

|

« POSSE | トップページ | 新たなソーシャルヨーロッパ »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/24049082

この記事へのトラックバック一覧です: 自由放任の終焉 サルコジ版:

« POSSE | トップページ | 新たなソーシャルヨーロッパ »