« 日本経団連の政策評価(自民党と民主党) | トップページ | 小林慶一郎氏の労働市場規制強化論 »

東欧からの労働者は「現代の奴隷」!?

EurActivが、ショッキングな題名で東欧からの労働者に対する差別や虐待の問題を取り上げています。

http://www.euractiv.com/en/socialeurope/east-european-workers-face-modern-slavery-old-europe/article-175427

>Migrant workers from the EU's Eastern member states face systematic discrimination when moving to work in 'old Europe', according to a new report presented on Monday (15 September) at the Centre for European Policy Studies in Brussels (CEPS).

>Discrimination against those workers is "a pan-European phenomenon,"

もちろん、EU条約はEU加盟国国民に関する限り均等待遇差別禁止を義務づけています。ところが・・・、

>The EC treaty grants all workers certain rights, such as a minimum wage, protection from unfair discrimination, health and safety protection and working time rights.

But instead of equal treatment, many Eastern European migrant workers have had to cope with a system which Hall described as "modern slavery". Intimidation, emotional abuse or "exploitative practices" such as late or no payment at all, lack of proper contracts and holiday schemes and no access to social security were "frequent" occurrences, according to Hall's report.

いじめ、感情的虐待、搾取的慣行、賃金支払いの遅れや不払い、まともな契約の欠如、休日もなし、社会保障もない・・・。

EU域内国民はそもそも外国人労働者というよりも法律上準自国民であって、特定の公務員になれないといったことを除けば厳格に均等待遇差別禁止が規定されているはずの人々なのですが、それにしてこの有様だとすれば、法律上差別してもかまわない第三国民の置かれた状況が思いやられます。

外国人労働者問題を論じる際に、頭に置いておくべき一つのポイントであることは間違いありません。

|

« 日本経団連の政策評価(自民党と民主党) | トップページ | 小林慶一郎氏の労働市場規制強化論 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/23825702

この記事へのトラックバック一覧です: 東欧からの労働者は「現代の奴隷」!?:

« 日本経団連の政策評価(自民党と民主党) | トップページ | 小林慶一郎氏の労働市場規制強化論 »