« 景気対策、構造改革の欺瞞 | トップページ | 無法な使用者には法で立ち向かえ »

神戸大学法学部入試問題小論文

最近は、入試問題に論文が使われると、出版社から赤本に収録したいので・・・という依頼が来るので、ああこの大学に使われたんだというのがわかるんですね。

今年度の神戸大学法学部の後期日程の小論文の問題の資料として、私の世界論文「ホワイトカラーエグゼンプションの虚構と真実」の一部が使われたようです。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/sekaiexemption.html

そのほかには、風間直樹さんの「雇用融解」の一部、日本経団連の提言、連合の「対応方針」、経済同友会の意見書、日経新聞での安藤至大氏の文章、日経BPでの城繁幸氏の文章が並んでいて、最後に私の文章がきます。

これらを読んで、ホワエグに賛成する論拠、反対する論拠を1000字以内にまとめなさいという問題です。お暇な方はやってみますか?

|
|

« 景気対策、構造改革の欺瞞 | トップページ | 無法な使用者には法で立ち向かえ »

雑件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/23306356

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸大学法学部入試問題小論文:

« 景気対策、構造改革の欺瞞 | トップページ | 無法な使用者には法で立ち向かえ »