« 障害児の親への差別にECJ判決 | トップページ | 外国人専門職・技術職の雇用問題 »

欧州の派遣業界は労使対話に熱心です!

>Agency work industry in Europe shows its committment to social dialogue

と、欧州労働者派遣業協会が主張しています。

http://www.euro-ciett.org/index.php?id=113&tx_ttnews[tt_news]=52&tx_ttnews[backPid]=15&cHash=bd1d32fcc7

その証拠に、今回、スイスとオランダで派遣労働に関する労働協約を締結しました、と。

労使対話(ソーシャル・ダイアログ)、労使協力(ソーシャル・パートナーシップ)が錦の御旗になるヨーロッパですから、派遣業界も自分たちの正当性をこちらに求めようとするわけです。この辺がアメリカとは全く違うところですし、日本の雰囲気とも違いますね。

>New collective labour agreements signed in Switzerland and the Netherlands

The agency work industry in Europe has once again illustrated its committment to a fruitful and constructive sectoral social dialogue both at EU and national levels.

In Switzerland, a new collective labour agreement has been signed by the social partners. The agreement covers several improvements including a broader scope, covering allmost all agency work in the country, an extension of applicable minimum wages and a strengthened committment to vocational training. Further information is available on the website of the Swiss Eurociett member.

In the Netherlands, a new agreement has been signed under the overall framework CLA, which includes increases on the salaries and wages for agency workers.


|
|

« 障害児の親への差別にECJ判決 | トップページ | 外国人専門職・技術職の雇用問題 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

hamachan、生きておられましたか。どこぞの人事でお名前を見かけたような・・・。

先週末から、日経が気合いの入った厚労省特集を始めましたね。昨日は労働経済白書も発表されました。hamachanの一言をうかがいたいものですが。

投稿: ぶらり庵 | 2008年7月23日 (水) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/22425463

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の派遣業界は労使対話に熱心です!:

« 障害児の親への差別にECJ判決 | トップページ | 外国人専門職・技術職の雇用問題 »