« 少数言語問題 | トップページ | 過半数組合論の欠如 »

2008年6月 4日 (水)

長期病休中に他社で働く権利

EIRonlineに興味深いニュース。スウェーデン政府が、長期病休中の労働者にもとの会社との雇用契約を維持したまま別の会社で就労する権利を認める法案を提出したという話です。

http://www.eurofound.europa.eu/eiro/2008/05/articles/se0805049i.htm

>The Swedish government has proposed a new law granting employees on long-term sick leave the right to work for a different employer for 12 months without losing their former job. This will enable such persons to find a job where they can work despite their illness, thereby avoiding detachment from the labour market. However, the social partners have expressed reservations about the new law; they believe that it undermines the system of collective bargaining.

つまり、もとの会社で働くには病気が重すぎるんだけど、別の会社の軽い仕事だったらできるという場合に、それが可能なようにしようということですね。

もっとも、この記事では労使双方とも賛成ではないようです。

|
|

« 少数言語問題 | トップページ | 過半数組合論の欠如 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/21408150

この記事へのトラックバック一覧です: 長期病休中に他社で働く権利:

« 少数言語問題 | トップページ | 過半数組合論の欠如 »