« 経済財政相理事会の結論文書 | トップページ | 本日発売のエコノミスト »

2008年6月22日 (日)

欧州理事会の結論文書

6月20日の欧州理事会(EUサミット)は、リスボン条約をアイルランドの国民投票が否決したことがもちろん最大のテーマでしたが、移民問題に結構の分量を割き、また労働社会政策にも若干の言及をしています。

これが結論文書ですが、

http://www.consilium.europa.eu/ueDocs/cms_Data/docs/pressData/en/ec/101346.pdf

労働時間指令改正案と労働者派遣指令案について:

>48. Further to the political agreements reached by the Council on the Directive on working time and on the Directive on working conditions for temporary workers, the European Council calls on the Council and the European Parliament to reach a balanced final agreement on both Directives before the end of the current legislative term.

せっかく加盟国で合意したんだから、欧州議会も合意してね、と。

ジプシーと社会アジェンダについて:

>49. The European Council looks forward to the results of the Commission's evaluation of existing policies and instruments aimed at improving the inclusion of the Roma population as well as to the forthcoming conference on this issue to be held in September. It invites the Council to take this into account in its examination of the revised Social Agenda. The European Council will return to this issue before the end of the year.

|
|

« 経済財政相理事会の結論文書 | トップページ | 本日発売のエコノミスト »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/21811092

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州理事会の結論文書:

« 経済財政相理事会の結論文書 | トップページ | 本日発売のエコノミスト »