« 欧州理事会の結論文書 | トップページ | ギデンスの欧州社会モデル »

本日発売のエコノミスト

本日発売の『エコノミスト』誌が「ここがおかしい 日本の雇用制度」という特集をしていて、

http://www.mainichi.co.jp/syuppan/economist/news/20080620-170532.html

>・正社員・非正社員の「均等待遇」が社員のやる気を引き出す 渥美 由喜

・非正規労働・欧米との比較 日本の非正規労働者はステップアップができない 権丈 英子

・労働時間比較 圧倒的に長い日本男性の労働時間 水野谷 武志

・解雇制度の実態 日本の解雇規制は「二重構造」 これが正規・非正規の差別を生む 濱口 桂一郎

・男性の育児参加 仕事と子育てを両立できない日本の父親たちの現状 渥美 由喜

という記事が載っています。

タイトルだけ見て、どこぞの一知半解君と似たようなことを言ってるのかと思いこまないように。正規の解雇規制と有期の雇止め規制のバランスを、EUとの比較で論じたものです。

|
|

« 欧州理事会の結論文書 | トップページ | ギデンスの欧州社会モデル »

その他の労働法政策」カテゴリの記事

コメント

どういうことかぜひ教えてください。

投稿: 支持者 | 2008年6月23日 (月) 17時12分

現在発売中の雑誌記事ですので、是非お買い求めの上お読みいただければと存じます。

投稿: hamachan | 2008年6月23日 (月) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/21837534

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発売のエコノミスト:

« 欧州理事会の結論文書 | トップページ | ギデンスの欧州社会モデル »