« 教員の超勤100時間超 京都市に55万円の支払い命令 | トップページ | 大阪の社会・労働関係専門図書館の存続を求める会 »

「労働は神聖である」岩波茂雄

Acd0804250303000p1 別に、皮肉でも何でもなく、産経新聞で岩波茂雄の書いた「労働は神聖である」という言葉を紹介しています。

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080425/acd0804250303000-n1.htm

>長野県の農家の長男に生まれた茂雄は1913(大正2)年、東京・神保町で岩波書店を創業した。社のマークは働く姿を描いたミレーの「種をまく人」をイメージしたもの。この言葉をモットーに晴耕雨読を好んだ。昭和21年4月25日没。

まあ、しかし、正論欄を見ていても判るように、ネオリベ、リバタリアンとともに、むしろ右派コミュニタリアンも産経文化人の重要な一翼ですから、この言葉に共感を感じる土壌はあるのだと思われます。

|

« 教員の超勤100時間超 京都市に55万円の支払い命令 | トップページ | 大阪の社会・労働関係専門図書館の存続を求める会 »

雑件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/20556055

この記事へのトラックバック一覧です: 「労働は神聖である」岩波茂雄:

« 教員の超勤100時間超 京都市に55万円の支払い命令 | トップページ | 大阪の社会・労働関係専門図書館の存続を求める会 »