フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 財金分離 | トップページ | どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか »

2008年3月13日 (木)

公務労働の法政策

I0eysjiymi2g 『季刊労働法』の第220号に、「労働法の立法学」シリーズ第17回の「公務労働の法政策」を書いております。

http://www.roudou-kk.co.jp/quarterly/archives/003098.html

今回は、公務員制度改革とか何とかが騒がしい今日この頃であるだけに、原点に帰って、そもそも公務労働者に対する労働法の適用の歴史を振り返ってみよう、というものです。その昔の労働法規課を知っている人にとっては懐かしい話でしょうし、知らない人にとっては全然懐かしくない話でしょうけど。

ちなみに、この号の特集は、「ワーク・ライフ・バランスは実現できるか? 」と「改正パート労働法の検討 」です。

« 財金分離 | トップページ | どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公務労働の法政策:

« 財金分離 | トップページ | どれだけサービス残業をやっていると思っているんですか »