フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 民主党が日雇い派遣禁止法案を提出? | トップページ | 日雇い失業保険制度の創設 »

2008年1月31日 (木)

格差社会における雇用政策と生活保障

『世界の労働』2008年1月号に掲載した「格差社会における雇用政策と生活保障」です。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/seroukakusa.html

雇用保険と最低賃金と生活保護という三題噺を、わたくしなりに一つの形に作ってみました。

実は、厚労省の旧厚生組と旧労働組でやってる勉強会がありまして、そこで提起してみたアイディアを文章化してみたものです。

« 民主党が日雇い派遣禁止法案を提出? | トップページ | 日雇い失業保険制度の創設 »

コメント

> 賃金以外の形でそれを確保しなければならない。それは端的に公的な給付であっていいのではなかろうか。

そう思う。

労働の世界と福祉の世界は正義が違うだけでなくて、地面の線引きも違いますよね。最低賃金は都道府県単位ですけれど、生活保護は「都道府県別」ではなくて、「級地別」ですから、同じ都道府県内でも、都市部と農村部とで違ったりするはずです。そこはどうなったのかなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会における雇用政策と生活保障:

« 民主党が日雇い派遣禁止法案を提出? | トップページ | 日雇い失業保険制度の創設 »