« 脊髄反射 | トップページ | 政府・与党、生活保護基準下げ見送りへ »

2007年12月10日 (月)

EU労働時間・派遣労働指令について

EUの閣僚理事会HPに、12月5,6日の雇用社会相理事会の発表資料がアップされています。

http://www.consilium.europa.eu/ueDocs/cms_Data/docs/pressData/en/lsa/97445.pdf

労働時間指令改正案と派遣労働指令案については、いかに多くの加盟国の間でこれが賛成を得られたかを縷々述べた上で、

>Having in mind the fact that this linked proposal is still very recent, as well as the sensitive nature of these directives to some member states and the importance of exploring all attempts to reach an agreement as large as possible before final decision, the Council agreed that the best option at this moment was to postpone a decision, in order to further pursue the dialogue.

両指令案がまだ極めて最近のもので一部加盟国にとってセンシティブであり、最終決定の前にできる限り合意に達する努力をすべきとの観点から、理事会は現時点における最善の選択肢は、更に対話を追求するために決定を延期することであると合意した。

ふむふむ、この外交用語に満ちた文章を下世話に解読すると、イギリスのブラウン首相の、派遣指令案を特定多数決で強行採決するなら、13日のEU改革条約の調印式に出てやらないぞ、という恐喝に屈しました、ということになるわけですな。

この辺をフィナンシャルタイムズ紙は、

http://www.ft.com/cms/s/0/9d0c600c-a386-11dc-b229-0000779fd2ac.html

>Gordon Brown’s threat to snub the signing of the European Union reform treaty in Lisbon next week appeared to be lifting on Wednesday night, after the EU’s Portuguese presidency bailed him out on the sensitive issue of workers’ rights.

The prime minister had claimed that a “diary clash” could prevent him from attending the long-planned signing ceremony in the Portuguese capital.

と伝えています。

で、

>The forthcoming presidencies and the Commission might proceed with efforts to achieve a positive and final outcome on both directives, given the importance of the issues at stake and the specific needs of many member states.

次期議長国と欧州委員会は、両指令案の積極的かつ最終的決着を達成する努力を遂行されたし

てなわけで、改正は2008年に持ち越しとなりましたがな。

残念ながら、2008年版の『労働六法』には、改正後の指令を掲載できる見込みは薄くなったようです。

|
|

« 脊髄反射 | トップページ | 政府・与党、生活保護基準下げ見送りへ »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/9336488

この記事へのトラックバック一覧です: EU労働時間・派遣労働指令について:

« 脊髄反射 | トップページ | 政府・与党、生活保護基準下げ見送りへ »