« ラヴァル事件欧州司法裁遂に判決 | トップページ | 池田信夫氏の3法則 »

ラヴァル事件判決各紙報道

さて、ラヴァル事件欧州司法裁判決を欧州各紙はどのように報道しているでしょうか。

まず何はなくともEUといえば読むべきフィナンシャルタイムズ、

http://www.ft.com/cms/s/0/4f574152-adc1-11dc-9386-0000779fd2ac.html(Swedish labour model at risk after ruling)

>Sweden’s much-vaunted model of industrial relations and collective wage bargaining faces a challenge after a judgment by the European Union’s top court, trade unions warned on Tuesday.

スウェーデンモデルが危ない、と。

>Trade unions in Sweden called on the government to protect the country’s labour model against the ruling.

Sven Otto Littorin, Swedish employment minister, told the Financial Times that the centre-right government – which had supported the unions in the dispute – would now have to amend the law. “I’m a bit surprised and a bit disappointed by the verdict,” he said. “I think things are working well as they are.”

スウェーデンは中道右派政権なんですが、この件では労働組合側の味方で、組合の要請に応えて法改正をするつもりのようですね。

次はガーディアン紙、

http://www.guardian.co.uk/feedarticle?id=7161613(Swedish unions lose cheap-labour case in EU court)

>Swedish trade unions suffered a defeat on Tuesday when the European Union's top court ruled they could not force a Latvian company operating in Sweden to offer locally agreed pay rates.

The ruling was the latest in a politically sensitive tussle over the powers of unions and the freedom to do business in the EU that has followed the accession of several poorer eastern European states since 2004.

中東欧の貧しい諸国がEUに入ってきて、営業の自由と労働組合権の矛盾が再燃した、と。

>LO, Sweden's main union body, called for changes to Swedish law to ensure that workers employed by Swedish companies and foreign companies working in Sweden were bound by the same employment conditions.

求めている法改正の中味は、スウェーデン国内で働くスウェーデン企業の労働者も外国企業の労働者も同じ労働条件に拘束されるというものですね。

次はドーバー海峡を渡ってルモンド紙、

http://www.lemonde.fr/web/depeches/0,14-0,39-33649009@7-60,0.html(Dumping social: les syndicats européens "déçus" par la Cour de justice)

フランス人にとっては、これは何よりも「ソーシャル・ダンピング」問題なのです。

>Paradoxalement, c'est pourtant ce modèle social nordique -alliant flexibilité et sécurité (d'où la contraction "flexicurité")- qui est porté aux nues par Bruxelles, a-t-il souligné.

パラドクシカルにも・・・、そう、フランス人にとっては最近はやりのフレクシキュリティってのも、なんだかいかがわしい経営よりの概念だと思っているのに、そのフレクシキュリティの本家本元の北欧型労使協調モデルをばっさり営業の自由で切り捨てるということは、俺たちフランス流の何でもいいからストで大騒ぎというやり方の出番かな?・・・とまでは云っていませんけど・・・。

|

« ラヴァル事件欧州司法裁遂に判決 | トップページ | 池田信夫氏の3法則 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/9488472

この記事へのトラックバック一覧です: ラヴァル事件判決各紙報道:

« ラヴァル事件欧州司法裁遂に判決 | トップページ | 池田信夫氏の3法則 »