« 生活保護基準の見直しと最低賃金 | トップページ | 労働者派遣法のゆくえ »

2007年12月 7日 (金)

EU派遣指令案不成立について

昨日のエントリーの続きです。

保守派のデイリーテレグラフ紙は、

http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/12/06/neu106.xml

>Block on EU employment rights 'will save jobs'

派遣労働者の雇用上の権利を拡大するEUの立法を阻止したことで、イギリスは25万人の雇用を守った・・・、という記事にしています。まあいつもの調子ですね。

インデペンデント紙は、

http://news.independent.co.uk/business/news/article3226452.ece

>Temps miss out as Hutton says no to EU

ハットン産業相がEUにノーと言ったのでハケンさんは機会を失った・・・、と見出しは中立的です。

かたやフランスのルモンド紙、

http://www.lemonde.fr/web/depeches/0,14-0,39-33489366@7-60,0.html

>Temps de travail et intérimaires: l'UE s'enlise une nouvelle fois

派遣労働でEUまたも身動きとれず・・・。

|
|

« 生活保護基準の見直しと最低賃金 | トップページ | 労働者派遣法のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/9287022

この記事へのトラックバック一覧です: EU派遣指令案不成立について:

« 生活保護基準の見直しと最低賃金 | トップページ | 労働者派遣法のゆくえ »