フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 派遣料金公開案の源泉 | トップページ | 人工授精中の女性は妊婦か? »

2007年11月30日 (金)

生活保護水準引き下げ

まだ厚労省のHPにはアップされていませんが、生活扶助基準に関する検討会が本日、生活保護の水準の見直しを求める最終報告書をまとめたそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071130i207.htm?from=main2

>報告書は、生活保護のうち生活費にあたる「生活扶助」の水準が、低所得世帯の一般的な生活費よりも「高め」だと指摘しており、同省は報告書を受け、水準の引き下げ幅などについて検討を開始する。

 報告書では、生活扶助の水準を5年に1度の全国消費実態調査と比較した。その結果、「60歳以上の単身世帯」の場合は生活扶助世帯が月7万1209円であるのに対し、低所得世帯が6万2831円と8000円を超える差があった。また、「夫婦・子一人世帯」でも、生活扶助が月15万408円、低所得世帯が14万8781円と約2000円高かった。

 報告書に関連して、舛添厚生労働相は30日午前の閣議後の記者会見で、「(生活扶助の水準は)若干、引き下げる方向の数字が出ると思う」と述べ、来年度からの引き下げを明言した。

 ただ、具体的な引き下げ幅などは「国民的議論が必要だ。首相も含めて政府と与党などで幅広く議論し、来年度予算編成過程の中で決める」と述べるにとどめた。

 厚労省は今年度予算から、生活保護の一つで、15歳以下の子どもを育てる一人親世帯への「母子加算」の段階的な廃止に着手している。生活扶助基準の見直しが実現すれば、2年連続の制度の見直しとなる。

こういうニュースに対してはすぐに、可哀想な生活保護受給者から給付を削り取るとはなんて無慈悲なんだ、というような脊髄反射的な反応が出てくるわけですが、日本の生活保護の二番目の特色が、その給付水準が相対的に高いことにあることは、社会保障に通じている人々にとっては常識なんですけどね。

問題はそれよりも日本の生活保護の一番目の特色である、受けられるはずの人々の大部分が受けられていないという点にこそあるわけで、法律上の根拠は何もないのに、就労可能年齢層の男性が福祉事務所に行っても、あんた働けるでしょう、で追い返されてしまうことがままあるわけです。その挙げ句飢え死にしたりする人まで出ていたのでは、何のための生活保護制度かということになるわけで、可哀想なのはこっちの方であるわけです。

よほどのことがないと制度が受けられないようにしておいて、一旦受給し始めると未来永劫なまじ働くよりもはるかに高い給付が得られるという事態こそが、ある意味で究極のモラルハザードを作っているわけですから、「入りやすくする」、「出やすくする」といった改革と並んで、過度に高い給付を適正化することもやはり重要な改革であることは間違いありません。

問題は、「入りやすく」「出やすく」の改革の方がどの程度進んでいっているのかなんですけれどもね。このあたりが、先日の連合総研シンポジウムでちょいと喋ったテーマにつながってきます。

« 派遣料金公開案の源泉 | トップページ | 人工授精中の女性は妊婦か? »

コメント

>過度に高い給付を適正化することもやはり重要な改革であることは間違いありません。

過度に高いというのはどこから出てくるのでしょうか。実感としては,過度に高いという気はしないのですが。特に,この国の家賃の額や水道光熱費の額からすると,そう感じますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護水準引き下げ:

» 【報道】 生活保護:扶助基準の引き下げ容認 厚労省の検討会議 【毎日】 [山梨青年ユニオン・ブログ]
生活保護:扶助基準の引き下げ容認 厚労省の検討会議 【毎日新聞】 生活保護費の見直しを議論していた厚生労働省の検討会議(座長・樋口美雄慶応大商学部教授)は30日、生活保護費のうち食費など日常生活にかかわる「生活扶助基準」の引き下げを容認する内容の報告書をまとめた。生活扶助基準の引き下げは、同基準と連動している低所得者向け低利貸付などの福祉施策や最低賃金にも影響する。厚労省は来年4月実施を目指すが、具体的な引き下げ額については「慎重に検討する」としている。とりあえず速報として記載します。 07... [続きを読む]

« 派遣料金公開案の源泉 | トップページ | 人工授精中の女性は妊婦か? »