フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ワークショップ「新しい労働ルールのグランド | トップページ | 新左翼 »

2007年11月 2日 (金)

アメリカ型市場社会とは何か:日本への示唆

DIOに、ハーバード大学のマルガリータ・エステベス・アベさんが「アメリカ型市場社会とは何か:日本への示唆」という小文を寄せています。

http://www.rengo-soken.or.jp/dio/no221/kikou.htm

>市場と市場社会は同一ではない。市場社会には、市場の原理とはまた別の原理が存在する。経済原理としての競争がそのまま社会の公正の原理とは限らないからだ。例えば、競争に敗れた企業が淘汰されるのと、能力がない労働者が淘汰されるのは話が違う。人間はその生存の為の糧を必要とし、労働市場から淘汰された結果、食うに困り死に至る可能性があるからである。これを「社会的な効率」と考えるか否かは、当該社会が正義と公正をどのように規定しているのかにかかっている。

>ヨーロッパでのアメリカ批判の多くは、市場での競争の結果を是認するあまり、蓄財に成功した者に甘く、市場で不利な者に冷たい、というところに向けられている。これは、一所懸命働く労働者よりも株主と経営者を優遇する米企業への反感であり、と同時に貧富の格差に無頓着なアメリカ社会とその政治への反感だ。

>アメリカでは、他の先進国と比べた場合に労働者層が一層不利になる三つの要因が重なり、社会内の格差のさらなる拡大をもたらした。一つは、アメリカ製造業の市場での失敗が脱産業化のペースを速めたこと。二つ目は、人的資源の底上げを担う公的教育の欠如。三つ目は、勤労者層の為の公的健康保険の不在だ。アメリカ製造業の失敗は、低学歴層むけの安定かつ高質の雇用の急激な減少を意味した。さらに公的教育の失敗は学歴(能力)格差を広げ、より希少な高学歴層の市場価値を高めた。民間健康保険への依存は国内の大企業の人件費を早いピッチで増大させ、アウトソーシングなどへのインセンティブを強めた。

>紙面の関係上、深く論じることはできないが、これら三つの要因は貧富の格差が政治的にどう扱われるかにも大きな影響を与えた。アメリカの経験はグローバル化した市場の必然ではないにも関わらず、他の先進国に現存する社会的公正についての合意を脅かす危険性を孕んでいる。なぜなら、他国の高学歴層(そして高学歴を手中にできる恵まれた社会階層)は、自国の労働市場をグローバルな競争に晒し、公的教育への投資を低めた方が、自分たちの(そしてその子供たちの)の所得が絶対的にも相対的にも上昇することを認識し、それを目的に自国の「アメリカ化」を推進するかも知れないからだ。

>何でも市場化し、利潤動機を社会の公正の原理としているようなアメリカにでさえ、その「市場社会」を支える強固な社会規範という基盤があることは忘れてはならない。・・・その巨大な非営利民間セクターに見られるように、アメリカの市場社会は利潤動機だけで成りたっているのではない。

>欧州先進国では、アメリカの非営利の部分は、公的部門が担当している。社会の公正は、T.H.マーシャルが論じた市民の社会権として政治の場で達成され、その福祉国家の基幹となっている。これは宗教的ではない世俗的なしかし強固な規範に支えられている。規範に基づく社会権の存在は、市場化が「政府による市民の社会的尊厳の保護」と共存する形で進む可能性が高い。利潤追求とは異なる規範の強さが「ヨーロッパ的な市場社会」の将来を左右するだろう。

>日本はどうだろうか?社会的規範を巡る政治的な対立がないまま今日にいたった日本では、企業や家族のみが社会的基盤を構成し、「内輪」の人間だけが公正の原理の対象のように見受けられる。家族や企業の福祉機能の低下が避けられない今、新しい公正の原理への社会的合意の形成が急がれる。これを無くしては、恐らく日本はアメリカ以上に住みにくい国になるだろう。

この手の問題、一見経済学という価値中立的な基準に基づいて分析しているように見えて、その実は「他国の高学歴層(そして高学歴を手中にできる恵まれた社会階層)は、自国の労働市場をグローバルな競争に晒し、公的教育への投資を低めた方が、自分たちの(そしてその子供たちの)の所得が絶対的にも相対的にも上昇する」という階級的利害でものを喋っているのではないかと疑ってみる必要はあるでしょう。

彼女は、11月27日の連合総研設立20 周年記念シンポジウムに、パネリストとして出席する一人です。話がどういう方向に行くか、興味深いところですね。

http://www.rengo-soken.or.jp/dio/no221/annai.pdf

« ワークショップ「新しい労働ルールのグランド | トップページ | 新左翼 »

コメント

日本では、アメリカとは真逆に高学歴層の市場価値は低下しています
学校教育が職能と結びついていないから?

> 競争に敗れた企業が淘汰されるのと、能力がない労働者が淘汰されるのは話が違う。人間はその生存の為の糧を必要とし、労働市場から淘汰された結果、食うに困り死に至る可能性がある

こういう言と「希望は戦争」が両立するのは変な訳で

ま、言い方の問題で、「希望は軍事ケインズ。でも、戦争はやだ」と言い直せばいいだけ

ベーシック・インカム(生活保護)とワーク・フェア(公共事業)が必ずしも対立する訳でもないでしょう

無駄な公共事業するなら、生活保護の受給者を増やす方がいいと思うけども。公教育も公医療も一定程度は無駄でない公共事業な訳ですから

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ型市場社会とは何か:日本への示唆:

« ワークショップ「新しい労働ルールのグランド | トップページ | 新左翼 »