フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日雇い派遣の政治経済学 | トップページ | マッチポンプ »

2007年11月26日 (月)

平家さんとの派遣問答

休みの間に平家さんのエントリーがたくさん立てられました。

http://takamasa.at.webry.info/200711/article_13.html「派遣労働者、請負労働者の使用者」について

http://takamasa.at.webry.info/200711/article_14.html派遣労働者の職種

http://takamasa.at.webry.info/200711/article_15.html派遣労働者 男と女

ただ、後ろの方になると、ちょっと私の申し上げていた趣旨とずれてきているような。

私はあくまでも、常用型派遣と登録型派遣の違いという点に問題意識をおいて、それらの具体的なイメージとして「技術系に多い」とか「事務系に多い」と述べただけであって、別段、技術系だからどうこう、事務系だからどうこうと述べたわけではありません。

事務系でも、「その派遣会社の正社員であるわけですから、その会社の技術水準を信頼して派遣を受け入れているものと考えて、事前面接なしで」ということは十分あり得るわけです。それは、まさに常用型派遣なのです。

ましてや、男と女がどうこうというようなことはなんら考えていません。ですから、

>大きく分類すれば、技術系、生産、労務に多い男性の場合には、派遣先は個人にこだわらず、その派遣会社の選択眼、調達能力を信頼して派遣を受け入れているものと考て、事前面接なしで派遣先に使用者責任なしとし、事務系の多い女性の場合は、派遣の依頼をする際に、人柄とか(気配りのできる人がいい、明るい人がいい)、容姿(容姿ランクは、Aとか、スリーサイズとか)、独身かそうでないかとかの希望をそれとなく伝えて、それに合わせて派遣元が雇い入れるわけですから、その人に着目しているものと考えて、事前面接ありで派遣先にも使用者責任ありとするのが、すっきりする。

というふうに「デフォルメ」されると困ります。

問題は、登録型というのは注文を受けてからそれに応じて労働者を雇い入れるものであり、法的構成を抜きにして社会的実態をいえば職業紹介事業にほかならないという点にあるのです。

これに対して、常用型というのは、社会的実態をいえば、いってみれば営利出向事業とでもいうべきものでしょう。

そういう社会的実態の違いが、労働者派遣法という法的システムにおいてはきちんと反映されておらず、どちらかというと常用型であることを前提として作り上げられた様々な法的構成が、登録型にそのまま適用されてしまっているところに問題の根源があるのではないかと思っているわけです。

経緯的に言いますと、労働者派遣を認めるときの政策決定過程では、最初は常用型だけを認めて登録型は認めないという制度設計が打ち出されていたのですが、それでは現実の派遣事業が対象にならないじゃないかということで、やっぱり登録型も認めるという風に変わっていったという経緯があります。

現実に営業している登録型を禁止するなんてことができない以上、政治的にはやむを得ない経緯だったと思いますが、そのために、常用型とは異なる登録型固有の問題点があまりきちんと議論されることがなく、常用型を前提にした制度設計があまり修正されないまま、派遣元責任に偏った形で労働者派遣法が立法されてしまったという点に、この問題のボタンの掛け違いがあるという風に、現段階で私は考えています。

« 日雇い派遣の政治経済学 | トップページ | マッチポンプ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家さんとの派遣問答:

» 「派遣労働者 男と女」について [労働、社会問題]
「派遣労働者 男と女」について、濱口先生が、誤解がある旨のエントリーを書かれています(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_1fc7.html)。トラックバックになっていないので、ここでご紹介しておきます。... [続きを読む]

« 日雇い派遣の政治経済学 | トップページ | マッチポンプ »