フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日本労働法学会 | トップページ | 幕下以下は労働者か? »

2007年10月15日 (月)

雨宮処凜「プレカリアート」

41jlpd8ufel_ss500_ その労働法学会への電車の中で読んでいたのが、いまやこの業界で売れっ子の元ミニスカ右翼、今ゴスロリ左翼の雨宮処凜さんの『プレカリアート』というそのものズバリの題名の本ですが、

第5章の「超世代座談会」というのが実に面白くて、これだけでも買う値打ちはあります。

著者の処凜さんに、丸山真男をひっぱたく赤木智弘さんがプレカリアート側だとすると、フリーターの息子を正社員として就職させた61歳の母親大田さんと、大企業勤務の勝ち組27歳女性の坂上さんはサラリアート側、それに自ら望んでフリーターになった舞踏家志望の定岡さん25歳男性が加わって、たいへん興味深いバトルになっています。

もっとも、その後の石原慎太郎都知事との対話はいささか期待はずれっぽいですが。

« 日本労働法学会 | トップページ | 幕下以下は労働者か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨宮処凜「プレカリアート」:

« 日本労働法学会 | トップページ | 幕下以下は労働者か? »