« 行政改革推進本部専門調査会議事録 | トップページ | 失業の非効率性 »

リフレ出版のメイ著

夏休みの課題図書が分厚くて難しい本ばっかりという苦情もあるようなので、疲れた頭を癒すのに絶好の本を紹介します。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/486223058X.html

486223058x 三浦正好という人の『日本語の語源の謎』という本です。

発行所は東京図書出版会というところですが、発売元がリフレ出版というところで思わず失笑ですが・・・。

たまたま手に取ったのですが、はしがきを読んでひっくり返りました。こうです。

>この本は主に日本語と英語、ドイツ語、ロシア語の中に見られる、同一語源と思われる言葉を、比較して並べてみたものです。

>日本語は孤立語だとする学者もかなりいるようです。しかし、この本を読んでいただければ日本語は決して孤立語ではないことをおわかり頂けるものと思います。私が調べたのは英語、ドイツ語、ロシア語の3語族だけであり、しかもいまだに不十分です。

>・・・しかしそれはあまりにも偏った考え方なのです。私は自由にヨーロッパの言葉を勉強するうちに、日本語族がいかにヨーロッパに広く言葉の源を残してきた人たちであるかに気がついたのです。その事情はこの本をお読みいただければご理解いただけると思っております。

どういうレベルの言語学かというとですな、たとえば、

日本語       メシ      飯

英語        mess      食事、おかゆなど

ドイツ語      Meβ      会食

ロシア語    месиво  ごっちゃまぜの食べ物、あまりうまくない食べ物

とか、

日本語       タベル      食べる

ドイツ語      tafeln       食べる

ロシア語  табльлот  定食

スペイン語     taberna     食堂

とか、

日本語       イヒ       飯

英語         eat       食べる

ドイツ語      essen      食べる

ロシア語    есть      食べる

てなぐあいです。

ここまでくると、清水義範氏の『蕎麦ときしめん』に収録されたあの稀代の名作「序文」を想起される方も多いのではないでしょうか。

http://www.eng.ritsumei.ac.jp/asao/penpen/bookreview/soba.html

あとがきに、三浦氏がなぜこんな研究に志したのかについて、少年時代の思い出が書かれています。

>小学1年生の3学期には和英辞典でローマ字を覚えました。そして歩くという言葉を調べてみたらwalkであり、私はこれをウアルクと読み、火のことはフィアー(fire)と読みました。中国語の火のホァという言葉とも似ているので、これらの言葉から、昔の人たちは皆どこかでつながっていたのではないかと考えました。

疲れた頭がますます発酵してしまったって?それはごめんなさい。

|

« 行政改革推進本部専門調査会議事録 | トップページ | 失業の非効率性 »

雑件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/7645711

この記事へのトラックバック一覧です: リフレ出版のメイ著:

« 行政改革推進本部専門調査会議事録 | トップページ | 失業の非効率性 »