フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 西部邁氏の正論 | トップページ | 野村正實大著について »

2007年8月 9日 (木)

竹中厚労相だってえ!?

なんぼなんでも、それはあまりにも、というのが、

「安倍内閣改造人事 サプライズは竹中入閣(日刊ゲンダイ)」

http://newsflash.nifty.com/news/gendai/tk__gendai_02033112.htm

>竹中氏は経財相や総務相をやった“実績”がある。入閣させれば実務型内閣のイメージを打ち出せます。国民の最大関心事である年金担当の特命大臣か、厚労相を任せれば、雰囲気はガラリと変わる。事務所費の問題はないから、身体検査の必要もありません。安倍首相の周辺では、改造の目玉と考えられているようです(政治評論家・有馬晴海氏)

じ、じつむ・・・。教科書知を絵に描いたようなケーザイ学者が「実務型」ですかあ。

>安倍は政権発足時に竹中からマンツーマンで経済問題のレクチャーを受けている。関係は悪くないし、政権発足後も官邸にチョロチョロと顔を出していた。色気はタップリだ。

それが失敗の源なんですが・・・。

>竹中氏の狙いは日銀総裁ポストでした。来年3月で任期が切れる福井総裁の後がまに座ろうと、水面下では猟官運動も始めていた。しかし、参院で民主党が第1党になり、日銀法で定められている国会の同意が得られる可能性がゼロになった。権力欲も野心も旺盛な竹中氏のこと。安倍に三顧の礼で迎えられるなら引き受ける公算は大きい(事情通)

昨日の西部邁氏の「正論」ではないですが、格差拡大のA級戦犯を格差対策の責任者に持ってこようというのですから、なかなかのブラックユーモアではあります。

つうか、女性機械説けしからんで柳澤現大臣をさんざんぱら叩き付けておいて、竹中厚労相をもてはやすような変にリベラルなマスコミってのが出てきそうだから恐ろしい。そうなったら世も末ですな。(マスコミの皆さん、警告のつもりですぞ)

« 西部邁氏の正論 | トップページ | 野村正實大著について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹中厚労相だってえ!?:

« 西部邁氏の正論 | トップページ | 野村正實大著について »