フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 労政行政の未来 | トップページ | フルキャストを事業停止に追い込んだ港湾荷役 »

2007年8月 2日 (木)

労働から見た日本の20世紀システム

構造計画研究所が9月11日に開催するKKE VISION2007というイベントの中で、標記のようなテーマでお話しをします。

http://www.go-event.info/kv2007/program.php#TRACK-J

私の出るトラックのテーマは「公文システム論による21世紀のあるべき姿」で、公文俊平先生、田中明彦先生に私が報告して、パネルディスカッションという予定です。与えられたテーマが21世紀なのに、わざわざ20世紀の話をしようというところがいかにもつむじが曲がっていますなあ、このおっさん。

« 労政行政の未来 | トップページ | フルキャストを事業停止に追い込んだ港湾荷役 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働から見た日本の20世紀システム:

« 労政行政の未来 | トップページ | フルキャストを事業停止に追い込んだ港湾荷役 »