« 長谷川三千子女史の正論 | トップページ | 最低賃金の引き上げ方 »

2007年7月13日 (金)

労働法の現代化に欧州議会決議

去る11日、欧州議会の総会が、労働法の現代化に関する決議を採択しました。

http://www.europarl.europa.eu/sides/getDoc.do?Type=TA&Reference=P6-TA-2007-0339&language=EN

これについては、雇用社会問題員会に提示された原案が大変規制緩和よりでけしからんとETUCが反発していたのですが、膨大な修正案を取り入れて下の者とは全く違う文章になっています。

ETUCもこれに対しては、

http://www.etuc.org/a/3840

バランスのとれたアプローチになっていると満足の意を表しています。

一方、ビジネスヨーロッパの方も、

http://212.3.246.117/docs/1/KKCPGHICICLKKOFOOKDHPACBPDB39DWDBY9LI71KM/UNICE/docs/DLS/2007-01001-EN.pdf

欧州議会は労働市場改革への明確な指示を示した、と歓迎しています。

|
|

« 長谷川三千子女史の正論 | トップページ | 最低賃金の引き上げ方 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/7127601

この記事へのトラックバック一覧です: 労働法の現代化に欧州議会決議:

« 長谷川三千子女史の正論 | トップページ | 最低賃金の引き上げ方 »