« 大学卒業生のエンプロイアビリティ | トップページ | 2012 年を目指す高齢者雇用・就業対策 »

請負等外部人材に関する労使間の課題に関する調査研究報告

連合総研のDIO最新号に、標記研究委員会の報告の要約(というよりも事例紹介)が載っています。

http://www.rengo-soken.or.jp/dio/no217/dio217.htm

http://www.rengo-soken.or.jp/dio/no217/houkoku_2.pdf

執筆されているのは、社会科学研究所の佐野嘉秀さんです。

この研究委員会には私も参加し、総合家電メーカーB社、総合空調メーカーC社等にヒアリングに行きました。大変勉強になったと自信を持って言えます。やっぱり現場を見るにしくはないということですね。

来月号には私のコメントも載る予定です。

|

« 大学卒業生のエンプロイアビリティ | トップページ | 2012 年を目指す高齢者雇用・就業対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 請負等外部人材に関する労使間の課題に関する調査研究報告:

« 大学卒業生のエンプロイアビリティ | トップページ | 2012 年を目指す高齢者雇用・就業対策 »