« 2007年労働政策研究会議 | トップページ | 労働保険で年金を確認 »

判例評釈:いよぎん事件

週末に発売された『ジュリスト』1337号に、私の判例評釈-「特定労働者派遣事業において登録型雇用契約は可能か?」が掲載されています。有名な伊予銀行・いよぎんスタッフサービス事件を取り上げました。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/iyogin.html

派遣労働をめぐる裁判例のうち、一番いろいろと論点の多い事件ですね。労働側の担当弁護士は有名な中野麻美さんですが、どういう感想を持たれるか興味深いところです。

|

« 2007年労働政策研究会議 | トップページ | 労働保険で年金を確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 判例評釈:いよぎん事件:

« 2007年労働政策研究会議 | トップページ | 労働保険で年金を確認 »