フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« EUがワークライフバランス第2次協議 | トップページ | 雇用社会相理事会 »

2007年6月 1日 (金)

改正雇用対策法成立

社保庁騒ぎで国会はてんやわんやということですが、それでも地球は動いています。本日午前、参議院本会議で改正雇用対策法が成立し、募集採用における年齢制限が原則として禁止されることになりました。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070601AT3S3102S01062007.html

そりゃ、本来今国会は労働国会だったはずなんですから、いかに社保庁が憎くても、労働関係法案は粛々と審議していただかないと。この雇用対策法は、民主党が数年前から繰り返し提出し続けてきた年齢差別禁止の方向なのですから、坊主憎けりゃで潰すわけにはいかないわけです。

残った労働基準関係3法案ですが、同じように粛々と審議してもらえるかどうかですね。連合会長は、法案が通らなくても最賃を上げろといっているようで、

http://www.asahi.com/politics/update/0531/TKY200705310300.html

>連合の高木剛会長は31日の会見で、最低賃金法改正案の成立が不透明になりつつあることについて、「法案が通らないからといって、今年の引き上げを見送ることは許されない」と述べた。連合は大幅引き上げを最重要課題に掲げており、政労使の代表らでつくる「円卓会議」で6月中にも方向性を出したい考えだ。

なまじ改正しなくても上げてしまうと、改正の必要性がなかったことになってしまってこれまたいささか辛いところです。

« EUがワークライフバランス第2次協議 | トップページ | 雇用社会相理事会 »

コメント

会期延長の動きもあるようですが、法定外労働の割増率の引き上げはどうなるんでしょうか。
いっそのこと、ホワエグといっしょに秋の臨時国会で審議したほうが良いような気がするのですが(ホワエグに賛成というわけではありませんが)…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改正雇用対策法成立:

« EUがワークライフバランス第2次協議 | トップページ | 雇用社会相理事会 »