« OECD雇用見通し2007刊行 | トップページ | 日本経団連の提言 »

経済財政改革の基本方針2007

いわゆる「骨太の方針」が昨日の経済財政諮問会議で答申されました。正式名称は標題のとおりです。内容はこのブログで何回か取り上げてきましたので、ここでは省略します。

http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2007/0619/item1.pdf

「美しい国」へのシナリオ、というのが副題で、これはまあご愛敬ですが(民間議員が文句をつけたとかどうとか言う報道がありますが、つまらんことをいうものです。これこそ首相の言うように「趣味の問題」でしょう)。

http://www.asahi.com/politics/update/0619/TKY200706190670.html

それよりも深刻なのはマスコミ人の構造改革病です。正式名称から「構造改革」という言葉が抜けたことをけしからんといわんばかりにあげつらっています。

http://www.asahi.com/politics/update/0619/TKY200706190669.html

いやあ、マスコミの皆さんは、そんなに構造改革が大好きなんですねえ。構造改革さえあれば、格差是正も再チャレンジも何にもいらないんでしょうねえ。一方で構造改革のせいでこんなにひどくなったとか書いているんですがね。自分の左手が足りないと言って叩いていることを右手が下らんことやるなと言って叩くのだからいささか統合失調気味ではないんでしょうかね。

|

« OECD雇用見通し2007刊行 | トップページ | 日本経団連の提言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済財政改革の基本方針2007:

« OECD雇用見通し2007刊行 | トップページ | 日本経団連の提言 »