フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 労働分野盛り込まず | トップページ | 規制改革会議第1次答申 »

2007年5月29日 (火)

労働3法案は成立困難に

というわけで、結局「与党は年金救済法案を優先審議 労働3法案は成立困難に」なったようです。

http://www.asahi.com/politics/update/0529/TKY200705280493.html

>政府・与党は28日、年金記録のずさんな管理で支給漏れがある人に全額を支払う救済法案を30日に提出し、週内にも衆院厚生労働委員会で審議入りする方針を固めた。25日に同委員会で審議入りしている労働関連3法案の審議をストップし、後回しにすることになる。これによって労働3法案の今国会での成立は困難になった。

労働国会というかけ声は何だったんでしょうね。これでは社保庁国会じゃないですか・・・、といってみても、政治のロジックというのはこういうものなのでしょう。

うまくいかないときは何ごともうまくいかないものですが。ただ、かつての労働省時代と違い、厚生労働省になっているので、今後のタイミングの測り方も難しいですね。連立多元方程式の一つの変数になってしまったようなもので、労働だけみて動ける時代ではないのですね。

« 労働分野盛り込まず | トップページ | 規制改革会議第1次答申 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働3法案は成立困難に:

« 労働分野盛り込まず | トップページ | 規制改革会議第1次答申 »