« サルコジ氏の公約(労働編) | トップページ | ハローワーク官民競争、窓口並べ職紹介 »

2007年5月 8日 (火)

ETUCが欧州議会の報告案に抗議

昨日紹介した欧州議会雇用社会問題委員会の報告案(保守系のプロタジエビッツ議員の起草によるもの)に対して、欧州労連がけしからんと抗議しています。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_69a4.html

http://www.etuc.org/a/3635

なにが許せないのかというと、伝統的な労働法ではアウトサイダーを救えないから、正規雇用の保護を縮減すべきという発想を示しているところだというわけです。労働法グリーンペーパーがでるでないで揉めていたとき以来の、雇用保護論争ですね。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/unice_e674.html

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_c9c4.html

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_6a09.html

労働組合としては、アウトサイダーのために中の人の保護を減らすなんてことは受け入れられない。

ETUCのグリーンペーパーに対する批判はここで書きました。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_fbf0.html

ところが、これもここで何回か紹介してきましたが、欧州社会党はデンマークの前首相が党首をやっていることもあり、このデンマークモデルに積極的なんですね。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/10_7fc9.html

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_5ecf.html

この辺のねじれが今後どういう風に展開していくか、たいへん興味深いところです。

(参考)

上記欧州社会党の10原則については、平家さんによる全訳がアップされています。

http://takamasa.at.webry.info/200703/article_1.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_2.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_3.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_6.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_8.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_9.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_12.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_13.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_15.html

http://takamasa.at.webry.info/200702/article_16.html

http://takamasa.at.webry.info/200703/article_2.html

|
|

« サルコジ氏の公約(労働編) | トップページ | ハローワーク官民競争、窓口並べ職紹介 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/6345062

この記事へのトラックバック一覧です: ETUCが欧州議会の報告案に抗議:

« サルコジ氏の公約(労働編) | トップページ | ハローワーク官民競争、窓口並べ職紹介 »