フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 世の流れは・・・ | トップページ | 労働市場改革専門調査会第2回議事録 »

2007年2月 7日 (水)

柳澤厚労相の殆ど正しい発言

昨日の閣議後記者会見の概要がアップされています。

http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2007/02/k0206.html

野党の皆様方のご批判がどれだけ正しいものか是非熟読玩味していただきたいところです。

>これはもう、元から私申し上げておりますように、要するに、若い人たちの雇用の形態というようなものが、例えば、婚姻の状況等に強い相関関係を持って、雇用が安定すれば婚姻の率も高まると、こういうような状況ですから、まず、そういうようなことにも着目して、私どもは若者に対して安定した雇用の場を与えていかなければいけないと、こういうことでありましょう。それからまた、女性、あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計というようなものが、子どもを持つことによって厳しい条件になりますから、それらを軽減するという、いわゆる経済的な支援というようなものも必要だろうと、このように考えます。それからもう1つは、やはり家庭を営み、また子どもを育てるということには、人生の喜びというか、そういうようなものがあるんだというような、意識の面の、自己実現といった場合ももう少し広い範囲でみんなが若い人たちが捉えるように、ということが必要だろうというふうに思います。ただ、前から言っていることですが、そういうことを我々は政策として考えていかなければいけないのではないかと思うのですが、他方、ご当人の若い人たちというのは、結婚をしたい、それから、子どもを二人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけですね。だから、本当に、そういう日本の若者の健全な、なんというか、希望というものに我々がフィットした政策を出していくということが非常に大事だというふうに思っているところです。具体的な事について、いろいろまた考えていかなければいけない。基本的枠組みとしては、そのようなことです。

野党の皆さんは、「若者に対して安定した雇用の場を与えていかなければいけない」とか、「子どもを持つ」「世帯の家計」への「経済的な支援」とか、そういうマテリアルなことはどーでもいいんですね。「子どもを二人以上なんか持ちたくなんかないぜ」という考え方が健全かどうかということの方が百万倍大事なんですね。

確かに、赤川学氏のように、少子化対策なんか糞食らえという思想はあるし、そういう思想の自由は確保されなければなりません。野党の皆さんはそこまで徹底して考えを詰めた上でものを喋っておられるんでありませうか。だったら、まずは政府予算案から少子化対策を全額削除する修正案を出してみられたらいかがでせうかね。

« 世の流れは・・・ | トップページ | 労働市場改革専門調査会第2回議事録 »

コメント

>少子化対策なんか糞食らえという思想
結局のところは、「どの程度」のパターナルな見解であれば妥当であるのか、ということでしょう。

一方で、一応の筋の通った極論があり、同様に真逆の極論がある。思想としてはどちらもOKなんですが、実際問題として政府がバランスをとらなければというとこでですね、大臣さんが一方に加担するかのような印象を与えるのもどうなんかな…

「一方に荷担」って、そもそも少子化対策を大々的にやるってことが、一方に荷担しているということです。子どもを2人以上持ちたい(けど、さまざまな理由で持つのが難しい)人に有利な政策をとるということは、そうでない人に対してその分資源配分を削るということですからね。

>そもそも少子化対策を大々的にやるってことが
いや、そうです。

結局、「私は大々的にやろうと思っている」と大臣が言ったら「いや、貴方が言う程には大々的にやらんでいい」との反応が返ってきたと見るべきでないのかと

子供を持とうとしない若者に比べて、子供を持とうとする若者は健全である、とか
それ専用の機械に頑張っていただきましょう(←少し誇張)、とか

言われる程には大々的にやらんでいい、との解釈です

恐らく、実際の政策は上で言われる程のものにはならないと思うので、「実際の政策は、私の発言が与えてしまった印象とは違い、穏当なものですから」とかでいいと思いますし。真逆の回答としては「政策は私が発言しました通りの方針で、今後もやっていく所存であります」となりますけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳澤厚労相の殆ど正しい発言:

» 句読点と引用符 例2 [労働、社会問題]
hamachanさんが、「柳沢厚労相の殆ど正しい発言 」「」というエントリーを書かれています。「殆ど正しい」ということは、幾分かは間違っていると言うことでしょう。 [続きを読む]

« 世の流れは・・・ | トップページ | 労働市場改革専門調査会第2回議事録 »