« 65歳定年は年齢差別ではない | トップページ | 生産性加速プログラム »

2007年2月27日 (火)

欧州の社会的現実に関する協議

本日、欧州委員会は「欧州の社会的現実」なる超大風呂敷的なテーマで広く一般に向けた協議を開始したようです。

http://ec.europa.eu/citizens_agenda/social_reality_stocktaking/index_en.htm

協議のための背景文書というのがこれですが、

http://ec.europa.eu/citizens_agenda/social_reality_stocktaking/docs/background_document_en.pdf

こちらが論点です。

http://ec.europa.eu/citizens_agenda/social_reality_stocktaking/docs/issues_for_discussion_en.rtf

ウェル・ビーイング(幸福/福祉)とはなんだろう、てな話から、社会への機会/アクセスを確保するために何が必要か、教育か、雇用/職場か、社会との関係か・・・、とまあ、凄い深い話。

こういうのをEUは政策協議としてやるんですよ。

|
|

« 65歳定年は年齢差別ではない | トップページ | 生産性加速プログラム »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/5508297

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の社会的現実に関する協議:

« 65歳定年は年齢差別ではない | トップページ | 生産性加速プログラム »