フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 岩波書店の『世界』 | トップページ | 柳澤厚労相の殆ど正しい発言 »

2007年2月 7日 (水)

世の流れは・・・

というふうに、慣れないマスコミの真ん中で懸命に論を張っておりますが、わたくしごときが何を言うたところで世の中の流れには何の影響力もないようで、淡々とホワエグは出さない、残業割増だけは出すという風に、事態は着実に進んでいっておるようでありますな。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070207AT3S0601E06022007.html

>安倍晋三首相は6日、首相官邸で柳沢伯夫厚生労働相らと会い、残業代割増率を引き上げる労働基準法改正案を今国会へ提出することで一致した。長時間労働を是正する狙いだ。大企業を対象に月80時間を超す残業には現行(25%以上)より高い50%の割増賃金を義務付ける。中小企業に関しては急激な負担増を避けるため、法施行から3年後に義務付けの是非を含め再検討する。

>会談後、首相は記者団に「働き過ぎの流れを変えなければならない。残業代の割増賃金(の引き上げ)を含め労働法制の6法案の提出の準備を進めるよう指示した」と説明した。

>残業代上げとセットで議論してきた一部の会社員を労働時間規制から外す自己管理型労働制(日本版ホワイトカラー・エグゼンプション)について首相は「まだ国民の理解が得られていない」と指摘。今国会での法整備の見送りを求めた与党の方針を了承した。(23:25)

いや、まさに、「働き過ぎの流れを変えなければならない」のです。そのために何が必要かという議論こそが必要なのですが、マスコミの残業代ゼロというゼニカネ至上主義にあっけなくノックアウトされてしまったというわけです。

« 岩波書店の『世界』 | トップページ | 柳澤厚労相の殆ど正しい発言 »

コメント

 マスコミ,政治家の反応に対して失望している毎日ですが,今日のある地方新聞に(多分,時事か共同通信社の配信だと思うのですが)大日向雅美さんの「冷静に少子化対策推進を」という記事が掲載されていましたが,これなどは良い内容であったように思います。
「少子化対策には二つの側面がある・・・一つは人口対策,もう一つは子育て支援政策。・・・人口政策は国民を統計でとらえます・・・産む産まないも含め,多様な生き方を認めながらの子育て支援政策は,国民を人格としてとらえます・・・どこの国もこの二つのバランスをとるのに苦しんでいる・・・統計専門家でない人たちの前で,「機械」「装置」という言葉を使い,女性の人格を無視したと思われてしまったのは,政治家としてうかつでした・・・」(同時に,大日向さんは,発言を受け取る側にも冷静さを求める。)「そんな発言ぐらいで打ちのめされず,「機械」というのなら,政策担当者として機械にどう魂を吹き込むのか,と問いただした方が,よっぽど逆襲になる・・・少子化対策は今,大事な時期にさしかかっている。試行錯誤を重ねた上で,ようやく政策の優先順序がメ明確になってきたのです・・・まず労働政策,次に地域の子育て支援,最後に経済支援・・・」

 この方の「母性」に対する考え方は共感しきれないところがありますが,この発言は冷静で良いものと思います。

 言葉の揚げ足取り,本当に大切な政策の取組が遅くなり,国民の生活が良くなることが遅れることについて憂慮しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の流れは・・・:

« 岩波書店の『世界』 | トップページ | 柳澤厚労相の殆ど正しい発言 »