フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« つっこみ力不足 | トップページ | 雇用対策法改正案 »

2007年2月14日 (水)

OECDの解雇規制緩和勧告

OECDが13日に「経済政策改革:成長に向けて2007」という報告書を発表しました。

http://www.oecd.org/document/8/0,2340,en_2649_37451_37882632_1_1_1_37451,00.html

概要はこのリンク先に載っていますが、興味深いのは各国別の「ノート」。

日本に関する部分は、

http://www.oecd.org/dataoecd/47/36/38088741.pdf

ですが、小売・専門サービスを自由化しろ、農業の生産者補助を減らせというのと並んで、「正規雇用の雇用保護法制を改革せよ」というのが挙がっています。

Reform employment protection legislation for regular employment

Uncertainty about the definition of unfair dismissal applied by courts has made the requirement for dismissals less transparent and this could have discouraged the hiring of regular workers. The strictness of employment protection for regular workers has increased the proportion of non-regular workers, raising both efficiency and equity concerns.

Actions taken: No measures have been taken to ease employment protection for regular workers.

Recommendations: To remove judicial uncertainty that discourage the hiring of regular workers, more precise and transparent statutory guidelines should be established. Reduce employment protection for regular workers, thereby lowering the incentives to circumvent strict conditions by hiring nonregular workers.

« つっこみ力不足 | トップページ | 雇用対策法改正案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OECDの解雇規制緩和勧告:

« つっこみ力不足 | トップページ | 雇用対策法改正案 »