« 産経のピンぼけ | トップページ | 今度はフォルクスワーゲンがリストラ »

労働法グリーンペーパー遂に出る

10月4日、10日のエントリーで、欧州委員会内部及び労使団体を巻き込んだ暗闘が行われているようだと紹介した労働法グリーンペーパーですが、11月22日になんとか発出に漕ぎ着けたようです。

http://ec.europa.eu/employment_social/labour_law/docs/2006/green_paper_en.pdf

題名から「フレクシビリティとセキュリティ」というのは消えて、『21世紀の挑戦に対応するための労働法の現代化』というふうになっています。

これに対して、ETUCは歓迎していますが、UNICEは即日批判的なコメントを出しています。

http://www.etuc.org/a/3084

http://212.3.246.117/Common/GetFileURL.asp?FileURL=F_1

UNICEはまず、EUレベルで「労働者」の定義を定めようというのは強く反対だと述べ、グリーンパーパーは自営業が企業家精神の発展にとって枢要であることを十分分かっていないのではないかと、先制パンチを浴びせています。

|
|

« 産経のピンぼけ | トップページ | 今度はフォルクスワーゲンがリストラ »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/4298399

この記事へのトラックバック一覧です: 労働法グリーンペーパー遂に出る:

« 産経のピンぼけ | トップページ | 今度はフォルクスワーゲンがリストラ »