« 労働契約法制とパート法制 | トップページ | 野村正實先生の新著予告 »

ホワエグは1000万円以上?

共同通信が、「厚生労働省が、対象労働者の要件として年収1000万円以上を軸に検討していることが25日、分かった。同省の年収要件案の数字が明らかになるのは初めて」と報じています。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=GIF&PG=STORY&NGID=main&NWID=2006112501000206

ただ、今まで現実的な基準としては1000万円だろうというのは言われてきていたわけです。経営側は400万円を主張しているわけですが、これは中小企業からすれば、社長だって1000万円も行かないのに、大企業だけ食い逃げするのかという批判が強くて、日本経団連もなかなか下げられないというところがあります。

労働側は「長時間労働を助長する」として制度の導入そのものに反対」しているわけですが、時間外手当の支給基準としては1000万円くらいだろうという声はあるのですね。

|

« 労働契約法制とパート法制 | トップページ | 野村正實先生の新著予告 »

コメント

むしろ今はっきり決めてしまうより最低賃金基準にしたほうが、あとあとの物価変動にも対応できていいような気がするんですが。
たとえば最低賃金で24時間365日休まず働いたとすれば、719円(東京)×24×365でざっと630万、まあこの辺が最低線でしょうか。時間外・深夜・休日割増入れたら1000万は超えるでしょうかね。

投稿: koge | 2006年11月26日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワエグは1000万円以上?:

« 労働契約法制とパート法制 | トップページ | 野村正實先生の新著予告 »