« 労働に関する規制緩和の展開と将来課題 | トップページ | ベーシックインカムと失業 »

季刊労働法214号

明日発売の『季刊労働法』214号に私の「労使協議制の法政策」が掲載されています。

http://www.roudou-kk.co.jp/quarterly/archives/002321.html

工場委員会体制、産業報国会体制、経営協議会体制、労使協議会体制について法制度構想を中心に説明するとともに、労働契約法制で論議の的となっている過半数組合と労働者代表制について論じています。

なお、これは一般書店で販売されている雑誌なので、販売期間中は原稿を掲載しません。

|
|

« 労働に関する規制緩和の展開と将来課題 | トップページ | ベーシックインカムと失業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/3440491

この記事へのトラックバック一覧です: 季刊労働法214号:

« 労働に関する規制緩和の展開と将来課題 | トップページ | ベーシックインカムと失業 »