フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 職業安定分科会 | トップページ | 小沢イズムの雇用政策 »

2006年9月12日 (火)

教育訓練

8月29日のエントリーの続きです。「日本の労務管理」講義案の6回目、第1章「雇用管理」の第4節「教育訓練」です。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/Training.html

« 職業安定分科会 | トップページ | 小沢イズムの雇用政策 »

コメント

Lecが出している『法律文化』の9月号で田中萬年さんが言っていることは面白いと思います。日本では教育と職業訓練が分離してしまっていることが、日本の職業訓練の財源や労基法における徒弟の弊害排除などとフランスの教育基本法やイギリスの省庁再編を対比しながら述べられています。

学校の職業教育や職業訓練校など公的教育訓練システムの道がなぜ失敗したかも含めたより広い観点からの記述が次のものです。併せてお読みいただければ幸いです。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/dualsystem.html

>より広い観点からの記述が次のものです。

この辺りは本田先生の「使える」ところ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育訓練:

« 職業安定分科会 | トップページ | 小沢イズムの雇用政策 »