« 不確実性を弁えない連中 | トップページ | 季刊労働法214号 »

労働に関する規制緩和の展開と将来課題

研修メモです。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/korocho.html

派遣、ホワエグ、解雇と3つの論点を歴史的に解説しています。

|
|

« 不確実性を弁えない連中 | トップページ | 季刊労働法214号 »

コメント

たいへん勉強になりました。特に歴史のない企業に所属していると、ルールがなぜそうなっているのか、意外と理解しづらかったりします。組合もないし。
しかしタメになってじーんとするのはいいが、自分のビジネスに活きる日は来るのか…人事担当者でもない身の上には。

投稿: いずみん | 2006年9月15日 (金) 10時20分

まあ、人事部にいようがいまいが、会社の中にいる限り人事から逃れられるわけでもなし、ある意味では全部役に立つ(はずの)知識でしょう。
このブログでは、できるだけ新聞雑誌などの表面的な記事の奥にある認識をお送りしたいと思っています。
少数ですがずっとこのブログを読み続けて下さっている労働関係者や労働問題に関心を持つ方々が、私の念頭にある読者層です。

投稿: hamachan | 2006年9月16日 (土) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/3440315

この記事へのトラックバック一覧です: 労働に関する規制緩和の展開と将来課題:

« 不確実性を弁えない連中 | トップページ | 季刊労働法214号 »