フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 谷垣氏の高齢雇用数値目標 | トップページ | 正社員信仰こそ問題だって? »

2006年8月21日 (月)

厚生年金パートに拡大?

6月29日のエントリーで、最初に日経新聞の記事を引用して、厚生年金のパート拡大をやるらしいと書き、その後さる筋からの情報で訂正し、7月5日のエントリーで大臣記者会見を引用して確認した・・・はずの本件ですが、20日の読売がまたも記事にしています。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060820it01.htm

今度は「政府が検討しているパート労働者への厚生年金の適用拡大に関する厚生労働省の試算が19日、明らかになった」とのこと。

この記事の興味深いのは、主語が使い分けられていることです。「パート労働者への厚生年金の適用拡大」を「検討」していたり、「早ければ2009年にも実施したい考え」であったり、「「週20時間以上」程度まで対象を拡大し、大半のパートを厚生年金に加入させる方向で検討している」のは「政府」であって、厚生労働省ではない。逆に、厚生労働省を主語とする動詞は「試算」だけなんですね。いや、そりゃ命じられたから試算はしましたよ、試算しただけですよ、やるとは言っていませんよ、かつてやろうとして痛い目に遭っているのはこっちですからね。ええ。あと、「経済界の反発も予想される」という主語のない文もありますが、予想しているのは多分、気楽な「政府」さんではなくて「厚生労働省」さん、というか、より正確に言えば「年金局」さんなんでしょうね。

まあ、だいたい構図が見える書き方になっています。

ここには出てきませんが、パートの均衡処遇の立法化をやる雇用均等児童家庭局としては、やってくれと正面切っていうことはできないけれど、やってくれたら援護射撃になってうれしいな、「政府」さん頑張って、というところでしょうかね。

« 谷垣氏の高齢雇用数値目標 | トップページ | 正社員信仰こそ問題だって? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚生年金パートに拡大?:

« 谷垣氏の高齢雇用数値目標 | トップページ | 正社員信仰こそ問題だって? »