« EU有期労働指令で初の判例 | トップページ | 刑法と労働法 »

2006年7月10日 (月)

職場のいじめ

先週、都内某所で講演した「職場のいじめに対する各国立法の動き」 の発言メモをアップしておきます。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/jisatsuken.html

この問題についての最近の情報がまとめられています。

ちなみに、7日付けで、人事院から、国家公務員の苦情相談の概要が公表されています。

http://www.jinji.go.jp/kisya/0607/kujyo.htm

上司の嫌がらせとか、同僚のいじめとか、かなりありますねえ。全体の約16%ですから、労働局の個別労働相談よりもだいぶ高いようです。まあ、役所や病院はいじめの巣窟かもしれません。フランスでもそうだと、イルゴイエンヌさんの本に書いてありましたし。

ついでに、余計なことですが、勤務時間の苦情が一番多いのはいかにもとは思いますが、その代表が、新人が朝早く来て掃除しておけといわれたという話ではねえ。俺だって23年前は毎日8時半前に出勤して掃除してたぞ。しかし一方で中高年の苦情も、退職間際で有休が取れないとか。おいおい、何で毎日終電ですら帰れないとかいう苦情が載ってないんだ、あまりにも当たり前で苦情にすらならないということか。

http://www.jinji.go.jp/kisya/0607/kujyojirei.pdf

<追加>

しかし、厚生労働省、堂々の第2位。どこの誰だ、いじめているのは?

|
|

« EU有期労働指令で初の判例 | トップページ | 刑法と労働法 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/2583285

この記事へのトラックバック一覧です: 職場のいじめ:

« EU有期労働指令で初の判例 | トップページ | 刑法と労働法 »