« 夏前の決着は難しい | トップページ | 定年制の存在理由 »

2006年7月19日 (水)

EU官僚が中小企業で研修

17日のEUのプレスリリースによると、350人の欧州委員会企業・産業総局の幹部官僚が、法案を作る代わりに、パン屋、大工、パイプ修理といった中小企業に1週間派遣されて、中小企業のニーズや問題を身をもって体験してこい、というプログラムが実施されるんだそうです。

http://europa.eu.int/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/06/996&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

いやあ、大変結構ですねえ。日本の某経○省の官僚にも是非やっていただきたいもので。なんといっても、

「中小企業庁なんて要らねえんだあんなもん」@村上世彰

http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/05/index.html

と平然と言い放つ若手官僚がもてはやされる国なわけですから。

|
|

« 夏前の決着は難しい | トップページ | 定年制の存在理由 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/2717111

この記事へのトラックバック一覧です: EU官僚が中小企業で研修:

« 夏前の決着は難しい | トップページ | 定年制の存在理由 »