« 投資ファンド等により買収された企業の労使関係 | トップページ | 勝手に不法移民を合法化するな! »

2006年5月30日 (火)

労働時間指令改正案が政治的合意の予定?

このブログでも何回も取り上げてきたEUの労働時間指令改正案ですが、6月1日に予定されている雇用社会相理事会のアジェンダを見ると、

http://www.eu2006.at/en/News/Agendas/0106AgendaBesogeko.pdf

指令案の名称の次に「公開審議」とあり、さらにその下に「=政治的合意」と書いてあります。

これはどういう意味なんだろうかと頭をひねりました。その後特段水面下で話が進展しているという話も聞こえてこないし、いきなりここで政治的合意が成り立つとは思えないんですが、まあそれを目指して皆様の面前で審議するというだけのことかも知れませんが、よく分かりません。

そのすぐ下に書いてある翌2日の衛生相理事会の議事では、着色料や甘味料など食品添加物に関する指令案について「公開審議」とあり、さらに「=法令の採択」とあるので、多分ここで成立する予定なんでしょうね。

よく分からないまま、とにかく情報としてここにメモしておきます。

|
|

« 投資ファンド等により買収された企業の労使関係 | トップページ | 勝手に不法移民を合法化するな! »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/1994973

この記事へのトラックバック一覧です: 労働時間指令改正案が政治的合意の予定?:

« 投資ファンド等により買収された企業の労使関係 | トップページ | 勝手に不法移民を合法化するな! »