フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「検討の視点」四論 | トップページ | OECD「世界の高齢化と雇用政策」 »

2006年4月20日 (木)

パート・フルと正規・非正規は別

4月6日のエントリーで叩いた内閣府の「今週の指標」ですが、あれはたまたまああいう変なのが載ったというだけで、いつも変なわけではありません。

17日付の「今週の指標」は「就業時間からみた正規・非正規雇用者の推移」。

http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2006/0417/715.html

このグラフを見ればわかるように、平成16年から17年にかけて、フルは減少から横ばいに、パートは増加から横ばいに転じています。ところが、正規は減る一方、非正規は増える一方。

まあ、両者は概念が違うんだから当たり前と言えば当たり前ですが、何かフルタイムが増加に転じたことを正規労働者が増えだしたというようなイメージで捉えるのは間違いだよということをきちんと示しているというだけでも、今回の「今週の指標」は意味があります。フルタイムの派遣や契約社員が増えているんですね。

« 「検討の視点」四論 | トップページ | OECD「世界の高齢化と雇用政策」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パート・フルと正規・非正規は別:

« 「検討の視点」四論 | トップページ | OECD「世界の高齢化と雇用政策」 »