フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 『積極的な最低生活保障の確立』 | トップページ | 海外情勢報告2004-2005 »

2006年4月 4日 (火)

再チャレンジ推進会議

ところで、少し前の記事ですが、

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060330AT3S3000A30032006.html

去る3月30日に官邸で「多様な機会のある社会推進会議」」(略称・再チャレンジ推進会議)の第1回会合が開かれたそうです。構造改革に伴う格差拡大の是正が目的で、リストラによる失業や事業の失敗などを経験した人向けに再就職や起業を支援する仕組みを検討するんだとか。議長を務める安倍晋三官房長官は私案を提示し、正社員と非正社員の格差是正や中途採用を後押しする方策などの検討を打ち出したとのことです。

財務、経済産業、厚生労働など関係省庁の局長級で構成。5月に中間報告をまとめ、6月に閣議決定する骨太方針2006に反映させるということですから、かなり急な話になりますね。

安倍長官の私案は正社員とパートや派遣社員などの非正社員の「均衡処遇」を明記。給与格差の縮小や、非正社員から正社員への登用などを経済界に要請することを検討する。中途採用者を雇用する企業に助成金を交付するなど再就職の機会を増やす仕組みづくりも議論するということです。

なんだか自民党も微妙にスタンスをずらし始めたような感じです。こういう感覚の良さがやっぱり長年政権を持っている理由なんでしょうね。構造改革主義の最高値を掴むのに失敗して大損こいて、じりじりと下がってきているのにますます改革の高値買いに走る某野党とはセンスが違うなというのが正直な感じ。ま、これは余談です。

« 『積極的な最低生活保障の確立』 | トップページ | 海外情勢報告2004-2005 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再チャレンジ推進会議:

« 『積極的な最低生活保障の確立』 | トップページ | 海外情勢報告2004-2005 »