フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 誰がデッドエンド仕事を担うか | トップページ | EUグローバル化調整基金案 »

2006年3月 1日 (水)

グローバル調整基金の記事続報

昨日のエントリーの続報ですが、今のところまだヨーロッパは夜明け前ということで、本日予定されている発表はまだ行われていません。それでもちゃんと中味の記事が出るんですね。しっかりリークしているおかげで。

http://www.iht.com/articles/2006/02/28/business/euecon.php

これはヘラトリの今日付の記事です。昨年ヒューレットパッカードのリストラでシラクが怒って、バローゾ委員長がなだめるためにこの基金を作りますといって、EUサミットで決まったという風ないきさつが詳しく書いてあります。

この記事によると、一定の地域で1000人以上が解雇されることが支給要件のようですね。それで解雇された労働者の職業訓練費用に当てると。失業者の職業訓練といえば、昔から欧州社会基金というのはあるんですが、まあ、中味はあんまり変わらないことをいかにも新政策みたいに出すというのは役人の処世術ですから。

« 誰がデッドエンド仕事を担うか | トップページ | EUグローバル化調整基金案 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバル調整基金の記事続報:

« 誰がデッドエンド仕事を担うか | トップページ | EUグローバル化調整基金案 »