« 今後の労働法政策について | トップページ | EUサービス指令、欧州議会を通過 »

OECDの社会政策

http://d.hatena.ne.jp/nami-a/20060213

で、社会保険労務士のakazawa namiさんが、OECDが昨年3月に開催した社会保障大臣会合の報告書を紹介されていますが、これは既に翻訳され、明石書店から出版されています。

http://www.akashi.co.jp/Asp/details.asp?isbnFLD=4-7503-2150-8

先進諸国における「ウェルフェア・トゥ・ワーク」から「ウェルフェア・イン・ワーク」への動向を的確に紹介したもので、9日及び13日に紹介したEUの政策もこの流れにあります。

|

« 今後の労働法政策について | トップページ | EUサービス指令、欧州議会を通過 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/728362

この記事へのトラックバック一覧です: OECDの社会政策:

« 今後の労働法政策について | トップページ | EUサービス指令、欧州議会を通過 »